セーラー服姿のギャルが想像を超えた過激ないとなみをこなしていく

セーラー服のギャルの雰囲気を持っている女の子。カメラに向かって挨拶をした後に、裾をめくって白いパンツをワレメに食い込ませながら一人でスイッチが入った。パンツを横にずらして見てみると、突起している小さいものがある。直接、指で触れられて、いやらしいポーズをとりながら体を震わせて絶叫しながら絶頂に達する。寝ている真っ最中にお尻の穴を狙われる。今日こそやってみようと頼まれて納得したようだ。指で慣らされて、元気に噴射。こけしをつっこんで、ここだけでは物足りなくなり、菊の門のほうにも指を突っ込んでいく。上手なテクニックで段々と緩んできたところで、本格的なプレイが始まっていきます。奥まで突き刺さる巨大な根っこは必見。友人達も参加して見事なサンドイッチを作り上げます。二箇所にこんなに大きな落とし穴のようなものが出来てしまったら、体に悪そうに見えますけれども大丈夫なのでしょうか。若いと無茶をするもんですね。性行為も遊びのうちなのかもしれません。いい大人でも、そんなことはあり得ます。願望ばかりが先に進んで突っ走っているとロクなことがないのが現実。老後に支障の出ない肛門の状態でいたほうがいいような気がします。老人ホームとか、入院した時に噂をされそうなものですね。随分とハードなことをしている、華奢で小柄な女の子なのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク