昭和の匂いがぷんぷんしてくる着物が良く似合う尽くす女

昭和の匂いのする女はもちろん熟女。Fカップの爆乳で美貌優れたフェロモンたっぷりの和服美人。茶道教室の先生として現れます。着物のすそを捲り上げて、透き通るうような白い肌の脚をさすり始める。恥ずかしながらアのさらにまくりあげて局部を刺激している。下着はつけていなくてあそこの部分のぱっくり開いたドアップが映る。上品な指つきでやっているのですが、行為自体はかなり卑猥です。若い子がするような声を出してただやっているだけのものではありません。視線や身のこなし、体のそり方、あそこの部分の開き方、完璧です。手でこきこきして、指を入れられて、咥えて、入れ込む流れになっていますが、四つん這いになりながら体をくねらせて淫乱な顔をしている様は凄いです。丁寧な言葉使いのセリフが笑えます。熟女なのにスタイルが抜群で美人、そして中身の要素も最高ということで、大爆発しちゃいます。こういうセクシーないい女を狂わせることに意味があるってもんです。乱れるたびに着物がどんどんはだけていきます。上品な感じっだけれども超えろい。こういうギャップがたまらんものです。見た目からしてケバかったり、よくいるイマドキ女だったり、歳相応でなかったり、子供だったり・・っていう人にはない感覚ですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク