和室でオフィスレディーが淫らな遊ばれ方をしてそのまま放置される

和室でオフィスレディーが吊るされている。畳と障子の部屋というのはしっかりした柱があるのでこういうときに便利で官能的な雰囲気になるのですね。一緒にいる男性二人は同僚か上司なのでしょう。脱がされて縛られて、木の洗濯バサミを乳首にはさまれている。これから始まる宴に期待が膨らみます。この状態で体をまさぐっていくと、女性はすでにヘロヘロになっています。スケベな人ならばこの格好にされている時点でかなり感じ出していることでしょう。緑色のスライドあしている道具が出てきました。乳首に当てられて、最終的にたどりつくのは湿ったホールの中です。玩ばれている真っ最中に注射器の形をした浣腸をさされています。どんどん鬼畜な方向へと向かっていきます。ここからが鬼のようなのですがしっかり吊るした状態でマッサージャーを当てられています。悲鳴のようなうめき声が上がっています。どばっと出てきてしまいますね。ここで気づいたことが一つ、男性は二人ともきっちりと洋服を着ています。ことが済んで放心状態になっている女性をそのままの形で置き去りにして立ち去っていきました。これを後から発見したら驚きます。というか通報してしまいそうな状態になっています。プロの縄師とかって、女性には指をふれないものってよくいいますが、それと似たようなものなのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク