水着の意味がないくらい面積の小さなマイクロビキニをつけて、すでに乳首が見えちゃっていますが泡プレイをしています。すぐに外しちゃっていますけど。男性の隅々を丁寧に洗っていきます。椅子はあのスケベ椅子というものですので、座ったままでの裏までしっかり手が届きます。腕は股を使って擦っていきます。サービスをしているはずが声が出てしまています。背中は柔らかくて大きな胸をスポンジにしてマッサージしていきます。シャワーでしっかりと石鹸を洗い流したあとはマットを暖かくしてローションプレイに突入です。たっぷりとオイルを垂らして足のつま先から頭のてっぺんまで解していきます。逆に硬くなった部分はしっかりと、気持ちよくなるように手や口や胸を使って奉仕していきます。足もこすり付けて、股ではさんでみたりもして、そんなことをしているうちにやりたくなってしまて、ずぼっと穴に突っ込む。スムーズに入り込んでしまうほどお姉さんもズブ濡れな状態だったわけです。大きな風呂場の中に小さな猫足のバスタブが一つ、これこそマットを敷いてくれと言っているような空間です。洗い場がめちゃくちゃ広い。普通は浴槽を大きくしてもらうものです。見所は、指を洗うときに誘導して穴の中で洗浄していきます。これは綺麗になるというのとは違うような気がするけど、たまらないものがあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク