尻を甘く見るもの拡張に泣く


自分で少しは弄ったことがあるのかアナルセックスへの高みに挑もうとしているのにも関わらず丸でどこぞのチャンピオンのような不敵な笑顔で迎え撃つほなみ嬢。しかしガチん娘の男優が聞くに後ろを掘られた経験はなく単なる世の中甘く見てるだけだということが判明します。一応ゆとり世代じゃないんですけど同じ広がる穴を使うってことで妙にヤリマンの自信を間違って発揮してしまっているようです。それが虚勢だったらちょっとは可愛げあるってものですけど前座のちょい拡張程度ですでにギブアップ気味の悲鳴でコール。最初から路線を変えてしまうと後が演技っぽくなってしまうのかそのままゆっくり柔らかくなるように解し続けます。そして記念すべき異物挿入ということで栓をぶちこんだらハッスルしたままお散歩にレッツラゴー!夜な夜なお尻振りながら路地を徘徊する変態がここに!しかもアナルプラグにライト点いててピカピカ光ってます。肛門捻じ開けられたまま暫く露出を楽しみ終わった頃にはバックリ広がっていたのでもう頃合かとついに貫通式を迎えます。よくよく考えたら前に入れるなら生物当たり前の性行為ですけどお尻使ったら肉棒だって立派な異物ですよね。これだけ汁絡ませながらズポズポされてると当たり前って勘違いしちゃいます。

カテゴリー: ガチん娘 パーマリンク